インターネット上の口コミを正しく利用するための2つのポイント!

スポンサーリンク

マルヒさんの記事紹介の中で、インターネットの情報は結構でたらめな事が多い点に触れました。

インターネット上で正しい情報と間違った情報の差が激しいわかりやすい例が「口コミ」だと思います。
今回はこの口コミについて正しく情報を利用できるようになるための話をしたいと思います。

  • インターネット上の口コミを正しく利用できるようになりましょう!

悪意のある情報

インターネット上の情報には悪意のあるものとそうでないものとが混在しています。
ここで言う悪意は誰かを貶めようというものだけでなく、自分の利益を中心としたものも含みます。
「閲覧されている方を利用するという考えが、閲覧されている方に利益をもたらすという考えを上回っている」
という表現がわかりやすいかもしれません。

私は悪意のないものには、情報が誤っていたとしても、一定の理解があります。
情報の誤り自体を悪という考え方もあって、その考えもわかります。

でも、自分の知っている誰かの役に立ちそうな事を、その人の目線で語るという事は有益な事だと思っています。
正しい事しか言っちゃいけないとなると、何も言えなくなってしまいますしね。

しかし、悪意のある情報はやはり許せません。
インターネット上にはこの悪意のある情報が散乱していると感じてしまいます。
ただ私がどうこう主張しても、この流れは変えることはできません。

それであれば、悪意のある情報も、逆手にとってうまく利用できる力が必要です。
情報リテラシーという言葉もありますが、情報を正しく使えるようになる事は現代において重要な事です。
実は間違った情報からも得られる情報があって、そういう目線も持っていただければと思います。

口コミの分類とその評価と対策

まず、口コミを3つに分類したいと思います。

口コミサイトは掲載者から広告料を受け取り、利用者が口コミを掲載する仕組みです。
アフィリエイトは掲載者から広告料を受け取り、アフィリエイターが口コミを掲載する仕組みです。
公平な口コミサイトは掲載者から広告料が無く、利用者が口コミを掲載する仕組みです。

それぞれについて、有益な点や問題と感じる等を見ていきたいと思います。

口コミサイト

口コミサイトは掲載者から広告料を受け取り、利用者が口コミを掲載する仕組みです。
口コミサイトは掲載者のための口コミになります。

有益と感じる点

利用者の中にはとてもその分野に精通された方がいます。
「ラーメンの味が想像できるくらい、(二重の意味で)うまい文章で説明してくれるラーメンマニア」の方とかそうですね。
その方が無償で提供してくれる情報は有益です。

これを手軽に実現しているのは口コミサイトです。
口コミサイトが無ければ、その精通された利用者の方は口コミを書かなかったかもしれません。

口コミサイトがあるから、そういった情報を簡単に入手できるのは口コミサイトの有益な点だと考えています。

問題と感じる点

口コミサイトとしては広告したい掲載者から利用料を取ります。
悪い口コミでは利用料を払ってまで掲載してほしくないので、掲載者が減ります。

そのためできる限り良い口コミを集めたいと考えています。
良い口コミを貰える、悪い口コミが減る仕組みになっています。
それを努力と言えばそうかもしれませんが、ときに改竄やセルフ口コミといった努力と言えない間違った事がされていたりしますね。

掲載を依頼する掲載者は、良質なものばかりではありません。
特に厳密な審査などなく掲載され、口コミサイトの仕組み上、良い口コミが付くようにできています。

良い口コミが入るための仕組みを使って良い口コミを集める。
そのための広告費はすべて料金となって利用者が払っている事になります。

口コミサイトを利用する方が増えると、必然的に広告料が高くなります。
また、間違った情報をもとに利用者が間違った選択をしてしまう場合があります。

対策

最近はほとんど信じる方も少なくなった悪質な口コミサイトも、中には信じてしまう方がおられます。
(口コミサイト=悪質、ではないですからね。)

口コミサイトの口コミは掲載者のためと書きました。
しかし、他の利用者の事を思って書かれているであろう口コミがあればそれは有益なものです。

あまりそういう口コミが無いのが問題なんですけどね。
でも中には本当に口コミを書いている方もいます。

投稿履歴を確認してみるのが良いと思います。
なんでもかんでも良い情報ばかりを書いていれば怪しいです。
一方、口コミ1件とかも怪しいです。

投稿履歴が見れなければ、そもそもそういう事を狙っていないわけです。
異なる口コミサイトの利用が良いと思います。

また、そもそも口コミサイトへの掲載をしている掲載者、という事を考えてみても良いかもしれません。
口コミサイトが無いと口コミを得られないことの裏返しです。
あるいは手段を選ばず、とにかく口コミを得たいという考えの裏返しです。

  • 口コミサイトは掲載者のための仕組みです!
  • 一部の正しい口コミだけを参考にしましょう!
  • 投稿履歴を確認しましょう!

アフィリエイト

アフィリエイトは掲載者から広告料を受け取り、アフィリエイターが口コミを掲載する仕組みです。

有益と感じる点

アフィリエイターは自分の詳しい分野の広告をする場合が多いです。
口コミサイトで言う精通者の口コミになります。

紹介する商品やサービスの良い点や悪い点をわかりやすく伝えてくれます。
利用者としてもその商品のイメージが付きやすくなります。

世の中に良い商品を広める事はアフィリエイターの有益な点になります。

問題と感じる点

アフィリエイトは成果報酬です。
閲覧してくれた人が掲載者の商品を購入したり、掲載者の広告をクリックする事で収益を得ます。
そのため、別に欲しくもない商品を紹介したりする場合があります。

しかもセールス文を書くことに精通しています。
あたかも自分が使って良かったと思わせる文章で商品を紹介します。

明らかにセールス的なアフィリエイターの記事は、商品の価値も下げます。
元々も買いたいと思っていたものでも、セールスの強いアフィリエイト記事はなんか買いたくなくなります。(笑)

対策

アフィリエイトであっても同じです。
目的は広告収入を得るためにアフィリエイトしている方は大勢います。
もちろん中には本当に良いものを広めたくて、良いものを紹介している人もいます。

ポイントとなるのは、商品というのは万人向けではないという事です。
そのため、ある人にとっては良い商品も、ある人にとってはあまりよくない商品となってしまう事もあります。

紹介された商品が良くなかったからアフィリエイターの方を信頼できないというのは、そういう意味では誤りです。
ただ、商品を詳しく知り、商品を正しく紹介するのもアフィリエイターの務めです。
やはり商品の良い点、課題点、どういう人には良くて、どういう人には良くないかはわかりやすく伝えて欲しいですね。

  • アフィリエイトはアフィリエイターの目的が重要です!
  • アフィリエイターどんな気持ちで書いているのか読み取りましょう!
  • 良い面ばかりではなく、悪い面の主張もあると安心です!

公平な口コミサイト

公平な口コミサイトは掲載者から広告料が無く、利用者が口コミを掲載する仕組みです。

有益と感じる点

悪い口コミを閲覧できるのは公平な口コミサイトの利点です。

掲載者から広告料をとっていないので、別に悪い事を書かれても掲載者は問題ありません。
利用者としても悪い部分を知ることのできる貴重なメディアです。

問題と感じる点

口コミを投稿するメリットがあまりありません。
そのため、口コミが集まりにくく、参考にならない場合があります。

口コミを入れる必要が無いので良いと感じたときの口コミは入りにくくなります。
一方、悪いと感じたときは、感情的になって口コミを入れやすくなります。
そのため、100人中悪いと感じた人が1人でも、良いと感じた口コミが1、悪いと感じた口コミが1のような状態が容易に起こります。

本当はサービスの内容が素晴らしく、たまたま投稿された口コミが悪い口コミだったんだろうという事はよく目にします。
その良いサービスを受ける機会を逸してしまうのは、公平な口コミサイトの問題点だろうと感じます。

対策

機会損失というものは見えにくいのですが、意外と大きな不利益であったりします。
そのためにも、口コミはあくまで参考にし、自分の目で確かめて頂く事をおすすめします。

  • 公平な口コミサイトは悪い評価を見ることができます!
  • 悪い口コミの方が表に出やすいので、よく吟味しましょう!
  • 自分の目で確かめましょう!
スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

もっとも重要な事は、どんな意図でその口コミが掛かれているのかを知ろうとすることだと考えています。
そして、その情報を知るための時間を惜しまないことです。
「いつも食べている昼食」みたいなものであれば、その調査や思考に時間を使う方を惜しんだ方が良いと思いますけどね。(笑)

簡単に口コミに流されてしまわず、複数の視点で調べ、最終的には自分の目で見て選んでほしいなと思います!

  • 口コミの目的や意図を読み取り利用しましょう!
  • 自分の目で見て、能で考え、判断しましょう!

ここまでお読みくださりありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする